略歴

1955年(昭和30年)5月28日生まれ熊本県熊本市出身。講談協会・落語協会に所属し、落語の定席興行にも出演している。

  • 1974年(昭和49年)2月 – 18歳で上京し5代目 宝井馬琴に入門。前座名は「琴僚(きんりょう)」。
  • 1985年(昭和60年)4月 – 講談協会真打昇進、「琴童(きんどう)」と改名する。
  • 1987年(昭和62年)1月 – 4代目「琴調(きんちょう)」を襲名。
  • 1989年(平成元年)から10年にかけて「自転車 出前講談」と題し、北海道各地をまわる。
  • 2011年(平成23年)から年末(12月21-27日、26日を除く)に「暮れの鈴本 琴調六夜」として上野鈴本演芸場の主任を務める。落語定席で講釈師が主任を務めるのは異例のことである。各公演のテーマは以下の通り。
    • 2011年(平成23年):赤穂義士
    • 2012年(平成24年):戦国武将伝
    • 2013年(平成25年):侠客伝
    • 2014年(平成26年):没後三十年追慕 五代目寶井馬琴十八番集
    • 2015年(平成27年):天保六花撰
    • 2016年(平成28年):大岡名裁き
    • 2017年(平成29年):明日こそとひとり雪見の酒をほす
  • 2012年(平成24年)から「封印切りの会」を定期的に行い、ネタおろしをしている。2012年5月の初回から2017年6月までの12回は、天保六花撰(全12段)を手掛けた。
  • 2016年(平成28年)から福音館書店より「講談えほん」シリーズを開始した。